うつ病の原因を正しく理解し、対策を施しましょう

体にも影響する

女性の医師

心の病気とされる「うつ病」は、ストレスやトラウマといったことが原因で起こる現代病です。
会社での人間関係や学校でのいじめといった対人問題が原因でうつ病を発症する可能性もあります。男性の場合、多くが仕事へのストレスや過労が原因です。女性の場合は、妊娠や育児といったことも原因にあたります。
現代では、うつ病そのもののメカニズムは詳しくは解明されていません。感情を司る脳のホルモンバランスが崩れるといったことがうつ病の原因なのではないか、とされています。
ストレスや体の疲れが原因で、感情をコントロールするホルモンが崩れてしまいます。そうなると人は感情をコントロールできなくなってしまい、うつ病になるのです。
ストレスや疲労が原因で発症するうつ病ですが、それらが原因で体の病を発症する人は少なくありません。頭痛や肩こり、腰痛や胃痛などです。
ただの頭痛や肩こりとは異なり、常にズキズキと痛む人もいれば、頭を激しく締め付けられているような感覚に陥る人もいます。
また、寝返りが困難なほどの肩こりや腰痛を発症させてしまう人もいるため、うつ病は心の病とはいえないのです。
その他にも、ストレスと関係がある胃痛や、手足のしびれ、感覚が薄れるといった症状もうつ病が原因で起こります。
仕事や家事が手に付かないほどの倦怠感から、仕事を休みがちになり、家事や育児が疎かになることも有り得ます。
そのほとんどがストレスや蓄積された疲労が始まりです。心と体のメンテナンスから取り組んでいきましょう。

発症しやすい人

カウンセリングを受ける女性

几帳面で生真面目、こういった人は注意が必要です。比較的にうつ病になりやすいと言われているためです。なぜなら、体に疲労を感じても無理して働き続け、抱え込むといったことが原因にあるためです。

子どものうつ病

考え事をする女性

大人のみならず、子供でもうつ病は発症します。大人と違い、子どものうつ病は、暴れる、怒りっぽくなる、泣き叫ぶといった変化が見られます。子どもがうつ病になる原因を紹介しています。

精神的なストレス

頭を押さえるスーツの男性

うつ病の原因の多くが精神的なストレスです。精神的ストレスとは、仕事や学校に対する悩みや不満、対人関係やいじめといったことが主です。しかし、親族や大切な人を亡くしたときなどにも人はうつ病を発症します。

体のゆがみ

男性の医師

うつ病を発症した人のほとんどが体のゆがみを訴えています。そのことから、うつ病の原因のひとつに「体のゆがみ」が関係していることが明らかになっています。骨盤や頭蓋骨がゆがむことでうつ病を発症させてしまう恐れがあります。

女性のうつ病

両手で頬杖をつく女性

現代では、男女平等といった女性の社会進出から女性でも多くの人がうつ病だと診断されています。仕事と家事や育児の両立による疲労やストレス、また、出産が原因でうつ病になる人もいます。

高齢者

悩む人々

うつ病になるのは働き盛りの30代~40代だといわれていますが、高齢者も多くの人がうつ病を発症しています。その原因のほとんどが、パートナーや友人の死や、孤独感などです。環境や身体の不便さなども原因にあたります。