女性のうつ病

両手で頬杖をつく女性

結婚や出産

生理や出産などホルモンバランスが崩れやすい女性は、うつ病にかかりやすいといわれています。男性のうつ病が多く問題視されていますが、比較的には女性のほうがうつ病を発症しやすいといわれているのです。その原因に、女性のほうが病院を訪れる人が多いということが考えられます。女性の場合、出産や妊娠などに影響するため、些細な体調不良を受診する傾向があるので、うつ病に気づきやすいのです。また、結婚や育児による環境の変化が原因でうつ病になる女性も少なくありません。夫側の家庭に嫁ぐことで、姑や義理の姉や兄、妹たちとのいざこざや遺産問題など様々なトラブルが挙げられます。育児では、子どもが言うことを聞いてくれない、夫が家事や育児に消極的であるなどの問題がストレスとなり、うつ病になるのです。また、ご近所トラブルが原因で引きこもり、うつ病になる人もいます。同級生のママ友とそりが合わない、公園デビューに失敗し居場所がない、などがストレスの原因になります。女性の場合、生理が終わることで更年期障害になりやすくなります。その際、うつ病を併発する人も少なくありません。また、避妊薬や生理痛の薬の服用が原因で、体に不調が出て精神的なストレスを抱え込む人もいます。医師の指示に正しく従い服用することが適切です。家庭の問題や出産、育児の問題には夫婦でよく話し合い解決していきましょう。また、自分なりのストレス発散方法を見つけることも大切です。