子どものうつ病

考え事をする女性

うつ病を発症するのは大人や高齢者だけではありません。現代では、小学生でもうつ病になるのです。小学生がうつ病を発症した場合、大人と違ってその変化に気づきにくいという傾向があります。大人のように上手に自分の感情を伝えることができないため、親や先生は気づきにくいのです。大人のうつ病の場合、落ち込み気分が塞ぎがちになり、何事にも意欲をなくすといった症状が主ですが、子どもの場合は異なります。憂鬱な気分をどう表現していいのかわからず、イライラする傾向があるのです。そのため、暴れっぽくなったり、暴力的になったりします。頭痛や腹痛の症状を訴える子も多くいます。また、思春期など中高生の場合、うつ病だと気づかれたくないと思う傾向があります。一人でいたいと思い、部屋に引きこもりがちになる子も少なくありません。子どもの時期にうつ病を発症し、親や先生がそれに気づくこと無く大人へと成長してしまうと、再発する可能性が高く、摂食障害や社会不安障害といった別の病にかかる危険性もあります。暴力的になったり、物を壊したり、泣き叫ぶといった症状が見られた場合は、注意しましょう。子どものうつ病の主な原因は、ストレスです。親や先生の教育や指導が厳しく、感情を表に出すことができないなどの問題がうつ病の原因です。他にも学校での友人関係やいじめなども原因になります。また、家庭環境の不和や、両親の不仲なども子どもには大きなストレスの原因になるため、注意しましょう。