高齢者

悩む人々

うつ病にかかる人の多くが30代〜40代だというデータが出ていますが、現代では多くの高齢者がうつ病を発症しているといわれています。定年退職が原因でうつ病になる人もいます。これまで仕事を生きがいにしていたため、何をしていいのかわからず、毎日に意味を見いだせず塞ぎこむといった症状の人もいます。その他にも、子どもが自立したことで寂しさを感じたり、パートナーや友人、大切な人が亡くなってしまったりなど、強い孤独感が原因でうつ病になる人も少なくありません。また、高齢者の場合、体の不調が第一に原因として挙げられます。若いころのように思うように体が動かない、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなったなどのことがストレスとなり、心に病を抱える人もいます。高齢者に多い「認知症」と似た症状が見られた場合、うつ病の可能性があります。「忘れっぽくなる」「今日が何日かわからない」「人の名前が出てこない」などの記憶障害もうつ病にあたります。ただの認知症だとは思わず、専門のクリニックで診察を受けてみましょう。家の中や近所を徘徊することが多くなった、イライラしがちで怒りっぽくなった、被害妄想が強くなった、などの変化にも要注意です。更年期やボケだと思っていたら、うつ病だったという人もいます。眠りが浅く夜中に何度も起きる人や、食欲がなくなり、体重が著しく低下したなどの症状が見られた場合にはうつ病の危険性があります。家族や身内の人、介護士が気付きはやめの治療や原因究明を施しましょう。