精神的なストレス

頭を押さえるスーツの男性

様々なストレス

現代には様々な精神的なストレスになる原因があります。会社での仕事はもちろん、人間関係や身内との接し方なども原因となるでしょう。給与と割に合っていない仕事や、社会での評価が低いなどが原因で、精神的ストレスに悩む人も少なくありません。また、人間関係は最もストレスを発症しやすい問題です。職場や学校といった集団的組織で生活をする場合、様々な人がいる分、様々な問題に直面します。上司のセクハラやモラハラ、いじめや陰口などです。そういったことに深く悩みストレスを抱え、うつ病を発症させる人は少なくないのです。そういった場合、最も効果的な改善方法は会社を休んだり、辞めたりすることです。しかし、その他にも、身内や大切な人を亡くしたことが原因でうつ病を発症する人がいます。突然の事故死や、病死など、受け入れられない現実に精神的なストレスを抱え、うつ病になってしまいます。その場合、気持ちを落ち着かせることが第一の改善方法です。前向きに受け止めることが大切です。夜に眠れない、眠りが浅い、などの体の不調がある場合は睡眠薬や精神安定剤の使用を医師が推奨する場合があります。旅行や引っ越しといった環境の変化からうつ病を発症してしまう人もいます。環境の変化に上手く対応することが困難な人は、就職や転勤、進学などにも注意しましょう。重いホームシックにかかる前に、環境に適応できるよう、友人作りやリフレッシュ、楽しみなどを見つけることが適切です。

社会変化がうつ病患者を増やすことが考えられます。

うつ病の原因は、医学的にはセロトニンという伝達が体内で不足することとされていますが、何が原因でセロトニンが不足するかはまだはっきりとはわかっていません。しかし、多くの人は生活の中で何らかのストレスがかかることで発病しているケースが多いです。特に人生の帰路や変わり目で発病するケースも多いです。 また社会の変化、例えば不景気な社会になり、非正規雇用や重労働、リストラ等が増えることでうつ病発病する人も増えているのが現状です。今後景気の問題だけでなく、高齢者が増えることで生産年齢人口層の負担がさらに高まることが避けられず、より一掃の負荷的な生活が生産年齢人口層に強いられるため、以上のような点からもうつ病患者は社会的に増えていくことが予測されることでしょう。

生活面における発病原因にも着目するようにしましょう。

治療にあたり、うつ病の原因となっているセロトニンに働きかけることは大切なことですが、多くの場合、生活の中で何らかの困難ごとがうつ病発病に繋がっているケースも多いです。つまり、抗うつ剤投与といった医学的なアプローチだけでは根本的な治療法になっているとはいえず、さらには生活の中で発病に至った原因もさぐり、そこにアプローチしていく必要があることが注意すべき点として挙げられます。したがって、治療そして生活の立て直しを図る際、相談支援機関を利用することが大切となってきます。そして医療機関も上手に利用しつつ、発病の原因となった生活要因に相談支援機関の支援専門家と向き合い、解決に励んでいくことが本格的な治療、そしてリハビリテーションになっていくことが考えられます。