体のゆがみ

男性の医師

うつ病になりやすい性格

うつ病の人の多くが頭蓋骨がゆがんでいるという事実が検証されています。頭蓋骨やアゴ、骨盤の歪みは脳になんらかのダメージとして伝達されています。そのため、うつ病の人の多くが体に歪みを生じているといえるのです。逆に言えば、体に歪みがある場合、それらが原因でうつ病になる可能性があると言えるのです。骨盤や顔が歪んでいる人は注意しましょう。また、体の歪みが原因で発症する肩こりや首のこりは、マッサージなどで改善できますが、ただのマッサージではすぐに再発する可能性があります。うつ病の人の場合、常に筋肉が緊張している状態にあるので、肩こりや首のこりを改善するには筋肉をゆるめてあげる必要があるのです。その際、筋肉のゆるめ方に注意しましょう。運動時に起こる筋肉の緊張と、うつ病の際に起こる筋肉の緊張は異なります。整体やマッサージを受けても改善しない場合はうつ病ではないか注意しましょう。普段から猫背気味の人は注意が必要です。猫背は背骨の歪みと同時に胸筋が緊張した状態にあります。そのため、うつ病の人の多くが猫背気味という共通点を持っています。体の歪みが原因でやる気がでない、何事にも無関心になる、体がだるいなどの症状が発生し、次第にうつ病になる危険性があります。まずは気持ちのリラックスを兼ねて、日頃の姿勢を意識し、体の歪みを改善しましょう。整骨院では、体の歪みを整え、自律神経やホルモンバランスを整える施術を行っているクリニックもあります。心の不調を感じた場合、原因を解明するためにも一度受診することをおすすめします。

主要な原因と改善法について

現代病のひとつにうつ病がある。様々な原因で引き起こされる病気だということは予想されるが、うつ病になりやすい性格というのもあるようだ。責任感が強く、完璧主義な人がなりやすいんだろうと思っていたが、そんな人は周りに多く、それだけではうつ病になるとは言い難い。仕事の立場上、知識として知っておく必要を感じ、インターネット等を利用して調べてみることにした。真面目で責任感が強いというのはやはり正解であったらしく、一番目にはこのワードが目にうつる。それ以外には、人当たりが良く(表向きは)、周囲の評価も高いと書いてあり、職場では重宝したくなる人材のように私には感じられた。しかし、だからこそそういう人は頑張りすぎて自分の許容量を越え、そのストレスにより、うつ病になっていくのだそうだ。

何事も過度は禁物ということだろう。真面目で責任感が強いということは、自分を甘やかすことができないともいえる。また、人当たりもよく、周囲の評価が高いということは、真面目ゆえに自分の手綱をゆるめることができないのだろう。完璧を求め過ぎて、仕事の質にこだわるあまり、仕事の量がこなせなくなっていくジレンマも追い込む原因ともいえる。他の原因としては白黒をはっきりとしないと気が済まないとう性格もあるようで、ひどくなると他人にもその考えを強要してしまい、結果、孤立していく原因にもなるようだ。自分の職場に当てはめてみると、思い当たる人も何人か浮かび、そんな人は注意して観る必要があると再認識した。そんな人は仕事の量を減らしてあげるとか、配置換えをして適材適所な使い方をしてあげるのがよさそうだ。それがきっかけとなり、過度な責任感等が改善されれば未然にうつ病を防ぐことができるであろう。